えびす冷え

 とは題してみたものの、それにしても本当に暖かい冬である。来月、八戸のえんぶり(豊年祈願の祭り)に行くのだが、小雪舞うなかを各組が一斉に摺る(えんぶりでは踊るとは言わない)壮麗な眺めが見られるかどうか、ちょっと不安。まあしかし、雪があってもなくても、愛する八戸にまた行けるだけでジンジンしびれるくらい幸福なのだけど。

吉田修一『国宝』(朝日新聞出版)……遅ればせながら。最後の設定があっ。と言わせる。
チェスタトン『求む、有能でない人』(阿部薫訳、国書刊行会)……チェスタトンのこういう小品集はもっと出て欲しい。
東海林さだお『ひとりメシの極意』(朝日新聞出版)……対談相手の太田某(居酒屋の通なのだそうだ)の俗っぽいこと。東海林さんのあの気韻あふるる文章一度も読んだことないのかしら。
○柿木伸之『ヴァルター・ベンヤミン 闇を歩く批評』(岩波新書)……とくに言うことなし。
○ダニエル・カルダー『独裁者はこんな本を書いていた』上下(黒木章人訳、原書房)……本書を読んだ限りでの印象で言うと、ヒトラーがいちばん無教養な気がする。それにしても筆者の文章が騒々しくて、というのは独裁者の本なんて価値が無いという地点からの裁断になっているのでなんだか逆に鼻白む。たとえばスターリンが恐るべき読書家だった事実を丁寧に分析することから本当のコワサが見えてくるのではないか。
○松原国師ホモセクシャルの世界史』(作品社)……これ読むと、なんだかホモセクシャルの方がノーマルであるように思えてきますなあ。
○ルイ・クペールス『オランダの文豪が見た大正の日本』(國森由美子訳、作品社)……ここに見える「近代日本」批判をオリエンタリズムの一言で葬り去るのはアホにでも出来る。でも問題はなにも解かれていないのである。
○竹内誠・深井雅海『論集 大奥人物研究』(東京堂出版)……大奥のこういったモノグラフィーは今までなかったのでは。前から興味を持っている女性についての論文もあり、面白く一読。
○柞刈湯葉田中達之横浜駅SF』(KADOKAWA)……ワンアイデアストーリーを徹底させたところが凄い。
○『人気の中国料理』(旭屋出版)
○玉木俊明『逆転のイギリス史 衰退しない国家』(日本経済新聞出版社)……経済史の研究を丁寧に踏まえているので、一般書ながら示唆に富む。副題はちと喧しい。
○マッシモ・ピリウーチ『迷いを断つためのストア哲学』(月沢李歌子訳、早川書房)……一度書いたことだが、これからの哲学(として世間が受け容れるもの)はグランドストーリーをしつこく語るヘーゲルか、個人の安心立命を解くストア哲学かに収斂していくのではないか。
山尾悠子・中川多理『小鳥たち』(ステュディオ・パラボリカ)……山尾悠子の文章の玲瓏は今更言うまでもなし。人形どもの妖しいうつくしさに一驚する。ぜひ個展なぞ見に行きたいものである。
○大谷栄一『日蓮主義とはなんだったのか 近代日本の思想水脈』(講談社)……同テーマの本はいくつもあるが、本書が現時点では最も克明なモノグラフだろう。王法仏法の「冥合」、仏国土建設を説く日蓮の思想がある種の国家主義をインスパイアするのは分かりやすい。そうした、いわば躁病的日蓮主義よりも、粘液質的な浄土真宗的エトスが戦前の軍国主義とどう符合していた(乃至していなかった)かの方が鯨馬は気になる。政治思想史の研究者がそのテーマで一冊書いていたがてんでダメな本だった。誰か書いてくれい。
石川直樹『国東半島』『まれびと』……世界中を経巡ってきた写真家が、日本の風土をどう見つめたか。今度は一周回って、その眼でまた世界を見直したとき、どのようなヴィジョンが立ち上がるのか。
○近藤好和『天皇の装束』(中公新書
○クロード・ルクトゥ『北欧とゲルマンの神話事典』(篠田知和基訳、原書房
○J.M.クッツェー『続・世界文学論集』(田尻芳樹訳、みすず書房
飯田隆『日本語と論理』(NHK出版)
正岡容『月夜に傘をさした話』(幻戯書房)……『正岡容集覧』とは正反対の、とはつまりモダニストとしての正岡容像構築を狙った編集。
○陶山昇平『薔薇戦争』(イースト・プレス
○吉江久弥『西鶴全句集』(笠間書院)……俳諧西鶴、ぶっ飛んでるなあ。宛然モダニズム
○三浦佑之『出雲神話論』(講談社
伊藤之雄大隈重信』上下(中公新書
ウンベルト・エーコウンベルト・エーコの世界文明講義』(和田忠彦他訳、河出書房新社)……今回の一冊はこれ。ミラノで行われた連続講義。美について、また醜について、見えないものについて等々エーコが語る、語る、語る。悠揚せまらざる調子はさすが。博識については言うまでもない。聖トマスとジョディ・フォスターを並べたり、チェ・ゲバラの例のイメージ(Tシャツに使われるやつ)を中世ラテン文学のトポスに結びつけたり、といった論じ方は、なまなかな書き手だと「いっしょけんめいやったはるわねえ」という感じになるのだが、エーコだとごく自然に話が流れていくのだ。合掌。

 

小鳥たち

小鳥たち

 

 

ウンベルト・エーコの世界文明講義

ウンベルト・エーコの世界文明講義

 

 

 

新年のご挨拶を申し上げます。

  庚子(かのえね)狂歌
噴き上ぐるマグマは神火のエネルギー大山鳴動何出でんとす
金の柄のうち出の小槌財寳のねずみ算にぞ増えるはつ夢

 

すっかり更新も滞っていますが、なんとか継続はして参るつもりでおります。

皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

 

                 双魚庵主人

幻梅

 呉春(別号松村月渓)は江戸時代の絵師。平安の産ながら、しばらく摂州池田に住んでいた。代表作のひとつ『白梅図屏風』は今までかけちがって見ることがかなわなかった。某日、出勤前の時間を使って逸翁美術館に足を向ける。

 なんとなく銀泥地の紙に描かれてるように思い込んでいたので、藍色の背景にちょっと驚く。近づいてみると織りの文目が浮き出ている。当初は絹地とされていたが、葛布と鑑定が変わり、今では芭蕉布ではないかと言われている由。ともかく、少し離れてみるとこのテクスチュアが納戸色にちかい藍の調子と相俟って、思い出した夢のなかの夕闇空のよう。

 例の光琳の屏風、あの中の白梅はじつに立派な姿を見せているが、華麗さと晴れがましさに見る者を少しく照れさせるところがある。呉春の梅は、比べれば繊弱といってもいいのだろう。しかしその分だけ、梅のくせに柔媚な気配を漂わせている。エロティックといってもいい。ことに細心の布置で点綴された、花と開く寸前のつぼみとの音符の連なりから零れる人ならざるモノの囁きは背骨を撫でさするようで、凝視していると何やら面妖な心持ちになってくる。右側の木が誘うように玩ぶように左の一本に向かって枝をねじくれ、折れ曲がりながら差し伸べている風情もいい。

 正直、他の絵にはあまり心動かなかったのですが、この傑作ひとつを残したのだから、呉春以て瞑すべし。

 この「悩」艶なたたずまいをなんとか形にできないかと苦吟して、

 白梅の身じろぎつつめ夜の底    碧村

 しかしやっぱりここは、呉春が師事した蕪村の絶唱(名句という意味でも、遺作という意味でも)を引くに如くは無し。

 白梅に明くる夜ばかりとなりにけり  蕪村

 

極寒の祭り

 今、大きな「宿題」を抱えているので、旅行記をまとめる余裕はなし。今回も八戸・青森を堪能できたんだけどね。いい店を一軒ずつ発見。次はなんとか八戸えんぶり(寒のさなかに行う豊作祈願の祭り)の時に行きたい。

 読書録もメモ書きだけ。
大石和欣『家のイングランド』(名古屋大学出版会)
○キャサリン・M・ヴァレンテ『パリンプセスト』(井辻朱美訳、東京創元社
○里中高志『栗本薫中島梓 世界最長の物語を書いた人』(早川書房
○ビクトル・デル・アルボル『終焉の日』(宮崎真紀訳、東京創元社
○ホルヘ・カリオン『世界の書店を旅する』(野中邦子訳、白水社
皆川博子『彗星図書館』『辺境図書館』(講談社
泉斜汀『百本杭の首無死体』(幻戯書房
五味文彦『伝統文化』(山川出版社
黒沢文貴『大戦間期の宮中と政治家』(みすず書房
森村たまきジーヴスの世界』(国書刊行会
○ポール・モーランド『人口で語る世界史』(渡会圭子訳、文藝春秋
○指昭博『キリスト教と死』(中公新書
新井素子『この橋を渡って』(新潮社)
若松英輔『本を読めなくなった人のための読書論』(亜紀書房
マリオ・バルガス=リョサ『シンコ・エスキーナス街の罠』(河出書房新社
○関眞興『19世紀問題』(PHP研究所
川本三郎『台湾、ローカル線、そして荷風』(平凡社
金原瑞人三辺律子『翻訳者による海外文学ブックガイド』(CCCメディアハウス)
いとうせいこうみうらじゅん『見仏記 道草篇』(KADOKAWA
○伊藤勳『ペイター藝術とその変容』(論創社
○スティーヴン・スレイター『図説紋章学事典』(創元社
○アンデシュ・リデル『ナチ 本の略奪』(北條文緒訳、国書刊行会
ジョージ・オーウェル『あなたと原爆』(秋元孝文訳、光文社古典新訳文庫
○加須屋誠『生老病死図像学』(筑摩叢書)
○ピエトロ・アレティーノ『コルティジャーナ』(栗原俊秀訳、水声社
○ミシェル・パストゥロー『図説ヨーロッパからみた狼の文化史』(蔵持不三也訳、原書房
滝川幸司菅原道真』(中公新書
○キース・ロウ『蛮行のヨーロッパ』(猪狩弘美訳、白水社

神無月の本

眼精疲労なのか視力の減退なのか、ともかく本当に冊数がいけなくなった。

谷川健一『選民の異神と芸能』(河出書房新社
川村湊『闇の摩多羅神』(河出書房新社)・・・このところマタラ神なる異様な神が気になって仕方ない。①外来の神である、②念仏修行の護法神でもある、③能楽の起源と関わりがあるらしい、というくらいで謎めいた神格なのである。山本ひろ子『異神』は学生の時に読んで異様な衝撃を受けたのであったが、谷川・川村両著(それに、最近の中沢新一の仕事)を参考にしても、よけいに謎めいた印象は深まるばかり。次は服部幸雄の『宿神論』に取りかかるべし。
本川達雄『生きものとは何か』(筑摩書房
○冨島佑允『この世界は誰が創造したのか』(河出書房新社)・・・我々のこの世界が誰かのシミュレーションである、というたいへんな仮説を紹介する。
宮脇孝雄『洋書天国へようこそ 深読みモダンクラシックス』(株式会社アルク
○長島弘明『〈奇〉と〈妙〉の江戸文学事典』(文学通信)・・・通読でき、通読したほうがいい事典。
デイヴィッド・ミッチェルクラウド・アトラス』(中川千帆訳、河出書房新社)・・・『出島の千の秋』はいささか期待外れだったが、こちらはパワフルでよろしいな。
○ジャン=フランソワ・ソルノン『ヴェルサイユ宮殿』(土居佳代子訳、原書房
大竹昭子須賀敦子ヴェネツィア』(河出書房新社)・・・ヴェネツィア本島より、リドの静謐な通りの写真にうっとりする。あまり長い間眺めていると「ヴェネツィアまた行きたい病」が再発しそう。
今谷明京極為兼』(ミネルヴァ書房)・・・佐渡配流の真因は著者の推定が正しいと思う。政治的な動きに光を当てて、こちらの知らないことを沢山掘り起こしてくれたが、その分歌人そして歌壇指導者としての側面の記述が少なくなったのが惜しい。
○ベンジャミン・フォレス『世界一高いワイン「ジェファーソン・ボトル」の酔えない事情』(佐藤桂訳、早川書房
○マーティン・プフナー『物語創世』(塩原通緒訳、早川書房
井上泰至湯浅佳子関ヶ原合戦を読む』(勉誠出版)・・・『慶長軍記』の翻刻と注釈。編者の言うとおり、該書にとっては決定的なエディションになるはずである。こちらは古くは講談本、近くは隆慶一郎および大河ドラマで馴染んでいる世界なので小説のようにするする読めた。
○クリストフ・リュカン『ワインと戦争』(宇京頼三訳、法政大学出版局)・・・ナチスによるフランスワイン略奪作戦、とまとめるとあ~またナチス物かとなってしまうが、読みどころはナチス相手にえげつない商売をしてのけたフランスのワイン商たちの方にある。
半藤一利『清張さんと司馬さん』(日本放送出版協会)・・・司馬遼太郎の史論には近代における天皇、という視点が欠けているという指摘に吃驚。そっか。
鶴ヶ谷真一『記憶の箱船』(白水社
○筒井紘一『利休の懐石』(KADOKAWA
○ピエール=イヴ・ボルペール『マリー・アントワネットは何を食べていたのか』(ダコスタ吉村花子訳、原書房)・・・豪奢にして鈍重な料理が正調とされる時代のただ中で、しかも(王太子妃⇒)王妃という身分でありながら、「健康」「自然」「軽快」な料理を求めたのがアントワネット。逆説的にロココ的。

 

平野ぐらし

 三連休も基本的に家居。来週と再来週はお出かけ・旅行と続くので出控える。

 何度か書いたが、出勤の都合で最近はきっちり時間を取って料理することがむつかしい。初日はこの欲求不満を晴らすために、朝から元町・湊川へ買い出しに行き、小半日かけて自分一人だけのために台所でせっせここしらえる。地味な品が多かったので、お客をするのもためらわれたのなり。

 この日の素人包丁は秋懐石(風)の趣向。献立は以下の如し。

○菊と小松菜の和え混ぜ、胡麻酢(酢はほんのり)
○栗、木耳、黒枝豆の白和え(栗は甘味、木耳淡口醤油、豆は塩と下味をつけて、和え衣はごく薄味)
○鯛の子含め煮、叩きオクラ、青柚
○小芋の辛子和え(白味噌と辛子と卵黄と酒を練る)
○柿膾(大根・人参・摺り胡麻、少し酢をきかせた味付け)
○にしんと茄子の炊き合わせ、酸橘
○椀盛(舞茸、鳥酒煮、茗荷、柚大へぎ)
○子持ち鮎山椒煮(番茶で下煮し、濃いめの酒と淡口、実山椒で煮る)
○沢庵二種(早めに出し、冷蔵庫で保管したおいたのと、桶から出したて、つまりほぼ一年寝かしていたのと。後者はかなりアレな見た目だが、塩が熟れてじつに旨い!)

 生魚でこれぞというのがなかったので、むやみに煮物和え物の多い膳組となった。


 二日目は昼過ぎまで読書、雨が小やみになった頃、散歩がてら東山の『しまだ酒店』へ。三杯ほどやってから、『てらむら』でもとめたワインをぶら下げて花隈『鷹楽園』。一周年のお祝いである。前の『アラスカ』も他にはない雰囲気の店だったが、こちらに移ってから、シェフはいっそうのびのびと“自分のしたかった料理”を展開されているようで、慶賀に堪えず。このままおとなしくご帰館あったのち、丹波の農家から届いた枝豆を真剣に湯がいてひたすらむさぼる。マメもここまでくるとビールなんぞでは太刀打ち出来ない気がして、冷や酒(常温ちうやつですな)をあおりながら豆三昧。

 最終日。すっきり晴れたので、シーツ類を洗濯したあと、平野交差点近くの小さな中華やへ初見参。八宝菜の定食に春巻を頼み、生中を飲んでいると、急に満腹になってしまう。

 まだまだ日も高いので、そのまま久々に湊山温泉へ。浴槽のタコもアヒルも健在であった。一時間ほど体をほどいて外に出ると漉されたような淡い陽差しと乾いた風が快く、もいちど交差点に戻って、これも久々に山田古書店で百円均一の本をあさるに、三冊見つかる。

 八十になってかような日々をこの土地で過ごせたらいいな、と思う。

漬け物をかめばしづまる秋の水

 不思議に思うのは、夢がなぜあんなに劇的物語的な内容展開を持つんだろうかということ。日常の風景・人間関係とまったく関係ない話だもんなあ。しかも目覚めてから我と我が構想力に感心したりもするし。根元的な物語乃至虚構欲求があるということか。こういうことを教えてくれる本はないのか。

 さて、相変わらず遅番が続いているので、碌な料理も出来ず、今回も読書備忘録のみ。ま、ようやくそれらしくなってきた秋茄子を使ってしば漬け(茗荷をふんだんにまぜる)や辛子漬け(甘みは極力おさえる)を漬けて当人は結構愉しんでおります。

○深津睦夫『光厳天皇』(評伝選ミネルヴァ書房)・・・光厳院は本朝歴代でもっとも慕わしい帝のひとり。光厳さん関係の本は出るたびに読む(なんといっても岩佐美代子『光厳院御集全釈』がすばらしい)。本書では持明院統の家長として心を砕く院の姿をクローズアップしたのが特色か。南北朝、および観応擾乱の複雑怪奇な(または目を覆わしむる)変転も要領よく取りさばき、いわば《虚の焦点》たる院の人間としての深みがいっそうあわれに浮かび上がる。遺言は、何度読んでも胸に染みいるものだ。自由な現代語訳で示せば――「葬礼で人を煩わせるなかれ。骸は山河に葬ってくれればいい。松や柏が塚に生い育ち、風や雲が時に訪れてくれたら、それはわがよき友であってまことに喜ばしいね。もし山民村童が砂遊びをするような気持ちで塔を建てるというなら、ちっちゃなものならそれもまたよい」。
○山極寿一・小原克博『人類の起源、宗教の誕生』(平凡社新書)・・・小原氏の山極氏に対する、はなはだ礼篤くして・・・その分スリリングさに欠けるのを憾みとする。
野口冨士男『私のなかの東京』(文藝春秋
○モート・ローゼンブラム『オリーヴ讃歌』(市川恵里訳、河出書房新社
渡辺保『昭和の名人豊竹山城小掾』(新潮社)
○『〆切本』(左右社)
フレデリック・ベグベデ『世界不死計画』(中村佳子訳、河出書房新社
○M.P.シール『紫の雲』(南條竹則訳、アトリエサード)・・・これまた世界破滅モノ小説。
○エマヌエル・ベルクマン『トリック』(浅井晶子訳、新潮クレストブック)・・・ナチスにすりよって生きのびるユダヤ人という魅力的な主題だが、個々のエピソードに通俗なものが多くてのりきれない。今どき、父親がサンタと分かって幻滅する男の子、なんて話、通用するかね!?華麗なる変身を期待する。
○カート・アンダーセン『ファンタジーランド 上下』(山田美明訳、東洋経済新報社)・・・ブッシュ政権誕生あたりから、アメリカがいかに質の低いキリスト教に席巻されているか、だいぶん明らかになってきた。著者はそれはそもそも建国以来のアメリカ固有の伝統なのだとする。読んでいてげんなりする(書きぶりに、ではなくあの国に対して)。もっとも世界に冠たる無宗教国家がそれとしてどこまで誇るに足るものかどうかは別問題。
○志村五郎『鳥のように』・・・「志村予想」のあの数学者のエッセイ。ぶきぶきした文体でずばずば踏み込む感じが愉快。たとえば丸山真男がいかに陋劣な―よく知りもせぬことを「格下」と判断した相手にふりかざして自分を賢く見せる―人格であったか、ということがよく分かる。
○小倉孝誠『逸脱の文化史』(慶應義塾大学出版会)
○リン・トラス『図書館司書と不死の猫』(玉木亨訳、東京創元社)・・・ホラーとして書いた、との作者の弁あり。有馬鍋島猫騒動のほうが怖いと思うよ。
松尾秀哉・近藤康史『教養としてのヨーロッパ政治』(ミネルヴァ書房
フランコモレッティブルジョワ』(田中裕介訳、みすず書房)・・・デジタル・ヒュマニティーズの騎手なんだとか。しかしそのデータの使いこなしかたよりも、文体のくまぐまを精細に見ることから小説史の大きな流れを展望する手つきがなかなかの見ものだった。著者もたびたび参照しているが、アウエルバッハの二十一世紀版という趣もあり。邦訳が他に数種出ているようだから、もう少し読んでみたい。
福田和也『大宰相・原敬』(PHP研究所)・・・この著者にしてなんでこの対象?と不思議だけど、さすがに手練れの筆つきで読ませる。大隈重信は政治家としてはダメで、あれは明治のスーパーテクノクラートなんだ、と評するあたり、大向こうから声がかかるところである。その大隈や犬養と仲が悪かったというのは意外だった。散文的な人柄・政策を押し通すあたりが、ともすれば奇人・異才ばかりの目立つ近代日本政治史の中ではやっぱり、大宰相の器だったんでしょうね。
○西園寺由利『三味線ザンス』(小学館スクウェア
○鹿子生浩輝『マキァヴェッリ』(岩波新書
ジム・トンプスン『バッドボーイ』(土屋晃訳、文遊社)・・・これは犯罪小説ではなくトンプスンの自伝。豪快な祖父(本文では「爺」)のキャラクターが傑作。様々な職業を流転するあたり、ピカレスクの味わいもあり。
ミランダ・ジュライ『最初の悪い男』(岸本佐知子訳、新潮クレストブック)・・・初の長篇。もてない四十女の異様な妄想生活の描写に始まり、美人で巨乳で足の臭い(!)娘がそこに転がり込んできて、小世界は破綻し、そして再生する。翻訳も見事。ま、モーソー世界を岸本佐知子が訳すんだから、こうなるほかはない。
○ドノヴァン・ホーン『モービー・ダック』(村上光彦訳、こぶし書房)・・・ファンタジー小説かと思いきや、海洋ゴミの現状を追ったノンフィクションなのだった(ダックとは、座礁したコンテナ船から流出したお風呂用のあひる型玩具のこと)。アラスカの沿岸に延々とプラスチックゴミが堆積している光景は、著者の口調が控えめなだけに尚更おぞましい。
大木康『明清文学の人びと』(創文社
山下範久『ワインで考えるグローバリゼーション』(NTT出版)・・・これは鴻巣友季子さんの『熟成する物語たち』で教えてもらった本。あ、鴻巣さんのこのシリーズ(前作は『カーヴの隅の本棚』)、いいですよ。ワインを論じて厭味にならず、文学を評して理に落ちず。山下氏の筆致も好感の持てるもの。んー、にしても無性にボルドーが呑みたくなってきた。
橋本治『もう少し浄瑠璃を読もう』(新潮社)・・・『浄瑠璃を読もう』続編。相変わらず、というか最後まで節々が冴えている。じつはとっても「近代」な人が江戸という不思議な世界をためつすがめつしながら面白がっていた風情がよかったのだ。合掌。