皇帝的鮑

 シェアキッチン「ヒトトバ」での“一日だけの料理屋”「蜃景楼」二回目はコース形式。使い慣れない(そして狭い)調理場だから、作る方・食べる方双方にとってこのやりかたがいいようである。

 「舌尖上的変人合作」なるUさん手書きの献立を写し、いささかの注記を付ける。

○老酒汁三海味・・・十年物の老酒に、甘海老・槍烏賊・海月の三種を漬けたもの。香辛料も何も使っていない、とのこと。それでこれだけの味が出るから不思議。
○変人合作前菜・・・意味は分かりますね(鯨馬もこれだけは分かった)。内容は、生鮭を酢と山椒に漬けたもの、シューヨ(香港式焼き豚)、鶏の燻製(骨を綺麗に抜いてある)、中国風ピクルス、皮蛋豆腐(黄身は潰してソースに、白身は刻んで豆腐に載せる。豆腐は万願寺唐辛子を練り込んだもの)、レバーペーストをシュー生地に挟んだもの
○仁修一碗天香・・・要は湯(スープ)なのだが、これが凄いことになっている。皆様ご存じのシャンタン(上湯、上等の素材で引いたスープ)、あれをベースにして引いた湯がある。日本酒でいうところの貴醸酒の如し。これをティンタン(頂湯)という。この日供されたのは、更にそのティンタンをベースにして引いたもので、なんでもチントンシャンとかいって、おそろしく手のかかるものであるらしい。この上にはもうトテチントテチンというのとチリトテチンというクラスしか無いと聞いた。鼈と金華ハムと棗が入っていたのは憶えている。蒸して引いたものだから清澄きわまる。そのくせに、全身の細胞に染みわたって賦活するのが感じられるくらい深い味。酒(ワイン)は一時よして、香りと味わいとの交響に耳をすませることになる。
○燻魚牛蒡春捲・・・これも分かりやすい。鯖の燻製(玄米茶で燻す)と水菜を巻いたものを、牛蒡のペーストに付けて食べる。牛蒡は生姜と炒めて、スープで煮込んでからすりつぶす。「こんな手間のかかるもの、普段は中々出せません」と敬士郎さんが苦笑していた。
○蠔皇乾隆干鮑・・・干し鮑の煮込み。一切れを噛みしめると、いつまでもいつまでも旨味が湧いてくる。これはワインより老酒でやりたかったな。料理名になぜ清朝最盛期の皇帝の名があるのか。満州族と漢族との融和を図って両方の料理を一緒に出した(これが所謂満漢全席)。その趣向を取って山と海の珍味を取り合わせた料理に「乾隆」の名を冠するようになった、とUさんが説明してくれた(鮑の他、小芋と鶏手羽に糯を詰めたものが入っている)。料理に皇帝の名が付くところがいかにもあの国らしくて愉快である。本朝でも、天武鍋とか白河和えとか後醍醐焼きとかいった料理があったら面白いのに。
○甜醤香煎鴨甫・・・鴨ロースの焼き物。バターナッツのペーストを下に敷いて。ソースは甘味噌。添えられたルッコラがいいアクセントになっている。
○大閘蟹粉湯包・・・上海蟹の身をほぐしたのを具にした饅頭を餡かけにしたもの。餡にも上等のスープが使ってある。
○泡辣鯛魚麺線・・・煮込み麺。鯛を何匹も煮込みに煮込んでとった出汁だから、一口啜ると、鯛の香りがもわわわわ~んと広がる。香菜との相性は抜群。
○精彩美味点心・・・デザート。なんだったか記憶にございません。


 中華ばかりは素人では無理。「蜃景楼」に行ってもそう痛感させられたし、また後日南條竹則『飽食終日宴会奇譚』(日本経済新聞出版社)という、これまたスゴい本を読んでいよいよその感を深くしたのだが、一方でこれは和食でも活かせるんじゃないか、と思ったこともある。出汁を蒸して引くのもそうだし、卵を黄身と白身に分けて使うのもそう。造りに山椒を使うというのも、少なくとも当方の発想にはなかった。

 もっともスープを引いた壺はUさんの自作(丹波の窯で焼いてるそうな)。こればかりはどうしようもない。

 

 いい気分のままに、折角だから漢文口調での感想を作った。韻も平仄もなってないけど。


 甲南易牙聚/招牌老饕會/盡珍饌佳肴/上善宛如水

【ランキングに参加しています。下記バナーをぽちっ。とクリックしていただけると嬉しう存じます!!】

 

<a href=にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

懐石ごっこ

 十連休ながら、旅には出ず。それどころか、外に食事しにいくこともほとんど無し。敬士郎さんと五軒はしご酒したくらい。いつも遊んでくれてありがとう、敬士郎さん!

 その代わり、市場やデパートにはよく行った。毎日旨そうな食材を買って帰り、好きなように料理して食べる。不思議なもので明日も明後日もしあさっても休みだと思うとかえって夜更かしする気にもなれず、おかげで朝は気持ちよく目覚め、掃除洗濯を済ませると浮き浮きと買い物に出かける、というサイクルを繰り返して、連日鴨だの河豚だの買っていたら、結局旅に出るのとそう変わらない出費となっておった。

 最後は懐石「ごっこ」。大阪に出た折、会津の塗り物の展示を見た。塗りの風合いはまあまあ気に入ったというところ。しかし五椀が組みものになっていて、そのまま「一汁三菜(+1)」の膳立てとなる所が面白くて買ってしまう。この形を活かすには懐石しか無いだろうという訳で・・・というより、懐石を作ってみたかったから買ったのだろう。ともあれ、この日も市場やデパ地下をうろうろ物色したあげく、決まった献立は以下の如し。

○飯・汁・香の物・・・飯は熟ましていない、いわゆる「べちゃ飯」を杓子でひとすくい、一文字型に盛る。汁は胡麻豆腐・ひじき・蕪菜の白味噌仕立て。とき辛子を胡麻豆腐の上にぽとり。本来はここに向付が載るところ。これは酒肴においといて、代わりに昨年付漬けた沢庵。ふだんは飯なんぞ食わないが、「ごっこ」は真面目にせねば面白くない。これを食べ終わると、一旦器を洗って、もう一度。
○椀盛・・・汁が白味噌だったので、こちらは清汁。実には鴨の抱き身を大へぎにしたもの・椎茸(干し椎茸をもどして使う)・蕪(聖護院かぶらの間引菜だから、ごく小さい)・芹(ゆがいておく)・京人参(これもゆがいて)・滑子、吸い口にへぎ柚子。
○向付・・・紅葉鯛昆布〆加減酢(かぼすと、淡口・濃口醤油を合わせる)・蒸し鮑共酢(肝を擂って、山葵醤油と混ぜる)、あしらいには坂本菊(ゆがいてさらした後、三杯酢に浸けてしぼる。こちらの加減酢は米酢・煮切り酒・淡口)。
○煮物・・・焼き穴子・海老芋・牛蒡・京人参。仕上げに柚子を擂ってちらす。
○焼き物・・・真魚鰹幽庵焼(酒・味醂・濃口に酢橘をしぼり入れる)
○八寸・・・というには少々手がこみすぎているが、「海」には柚釜仕立(生雲丹と滑子)、「山」として白和え(干し柿・菊菜・椎の実・木耳)。

 懐石盆(これも買うた)に椀盛以下を盛り付けた方が無論見栄えはするのだが、やはりいつもしているように、ひと品出して酒を呑み、酒が尽きかけたら次の品に取りかかるというやり方が旨く食える。熱いものは熱いうちに、冷たいものは少しでも冷たいうちに、というのが一等大事なんだと実感した。ま、そう言いながらもご機嫌に剣菱の瑞祥を五合やっていたのです。

 読書のはかがいったことは言うまでもない。逆に勤め人の身でしかも本好き、という状況でさいわいに生活から書を廃せずやってこれたものだと思う。外で呑んでなけりゃもっと読めてたんだろうなあ。しかしそれだと早死にしていただろうなあ、と我が人生を振り返る。

 さて休みのあいだに読んだ本。

○チャイナ・ミエヴィル『オクトーバー 物語ロシア革命』(松本剛史訳、筑摩書房)・・・『都市と都市』『クラーケン』を書いた、あのミエヴィルです。SFに非ず。大学院ではマルクス主義の立場から国際法を考察した論文を書いたほどの左派である由。序文で中立であろうとはしていない、と公言するとおり叙述の調子にボルシェヴィキ贔屓は紛れもない。当方は別段保守反動という人間ではありませんが、ケレンスキーが気の毒で仕方なかった。ミエヴィルの冷淡な扱いというより、どう動いても右から左からクサされる損な役回りになってしまったことをいうのである。書名のとおり、十月革命「まで」の本なのだが、巻末の人名リストで「スターリン統治下で処刑」が延々続くのには参った。それにしても、レーニンて無茶苦茶な人間やな。
○桑野隆監修・若林悠著『風刺画とアネクドートが描いたロシア革命』(現代書館)・・・アネクドートとはロシア革命ソ連時代に作られた政治ジョークのこと。ボルヘスは「ボードレールは検閲があったからいいものを書けた」と言った。暗鬱苛烈な体制がジョークを産むということか。プーチンやトランプでアネクドートは作れても、安倍首相では作れそうもない。幸か不幸か。ま、それはさておきこの本、読みどころは風刺画・アネクドートではなく、著者による十月革命「それから」の語りである。言うまでもなくそれはスターリンの権力闘争と独裁・粛清時代。「文字通りに全世界を敵に回して戦った」トロツキーの肖像がよい。これもまたレーニン並みにケッタイなやつではあった。光文社の新訳文庫からもリードの『世界を揺るがした十日間』出るらしいから次に読んでみよう。
○オットー・D・トリシャス『トーキョー・レコード 軍国日本特派員日記』上下(鈴木廣之・洲之内啓子訳、中公文庫)
○勝又基『親孝行の江戸文化』(笠間書院
○クレイグ・クルナス『図像だらけの中国 明代のヴィジュアル・カルチャー』(国書刊行会
○ジョルジュ・ルフェーヴル『1789年 フランス革命序説』(高橋幸八郎他訳、岩波文庫
○ヤン・コット『シェイクスピアカーニヴァル』(高山宏訳、ちくま学芸文庫
松木武彦『人はなぜ戦うのか』(中公文庫)
デイヴィッド・ロッジ『起きようとしない男 その他の短篇』(高儀進訳、白水社
○渡辺憲司『江戸遊里の記憶 苦界残影考』(ゆまに書房
ダニエル・デフォー『ペストの記憶』(「英国十八世紀文学叢書」、武田将明訳、研究社出版)・・・フィクションでは今回の白眉。中公文庫版(『ペスト』、平井正穂訳)は格調高い名訳だと思うが、詳密を極める新訳で読むと、疫病の猛威が一段とすさまじく迫ってくる。デフォーの平明な、ジャーナリスティックな文体でないとこの迫力は出ないんだろうな。
○植村和秀『折口信夫 日本の保守主義者』(中公新書)・・・何を言いたいんだか(「折口は保守主義者だった」ということなんだろうか)なんだかよくわからん本だったが、巻末の新編折口全集はこの順番で読め!というチャートが役に立つ。
○高正晴子『朝鮮通信使をもてなした料理 饗応と食文化の交流』(明石書店
ボルヘス『語るボルヘス』(木村榮一訳、岩波文庫
○井上亮『天皇の戦争宝庫 知られざる皇居の靖国「御府」』(ちくま新書
○西川祐子『古都の占領 生活史からみる京都1945-1952』(平凡社)・・・この本もよい。
○櫻井正一郎『京都学派酔故伝』(学術選書、京都大学学術出版会)
苅部直『日本思想史への道案内』(NTT出版)
小玉武『美酒と黄昏』(幻戯書房
川本三郎・樋口進(写真)『小説家たちの休日 昭和文壇実録』(文藝春秋

 


 今回もディケンズは読めなかった。

f:id:pisces0307:20171202171236j:plain

f:id:pisces0307:20171202180528j:plain

 

 

 

【ランキングに参加しています。下記バナーをぽちっ。とクリックしていただけると嬉しう存じます!!】

 

<a href=にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

鶉が叫んで冬が来る

 山鶉(ペルドローグリ)が熟成しましたと知らせをもらって「MuogOT」へ。一年ぶりだな、うずらちゃん。リヨン風ソーセージもサラダも旨かったけど、やはりこの日の主役だけあって、山鶉は見事な仕上がり。ももはコンフィしてから炙り、胸はそのままロースト。細かい肉はフォアグラを混ぜて蒸し焼きに。土鍋の中にはアラで取ったスープで炊いたリゾット。てっちりだって最後の雑炊に味の粋が集まるように、このリゾットも身をくねりたくなるような旨さでした。土の香りと葡萄酒の香りがする肉は言うまでも無し。それより驚倒したのは肝・心臓・砂肝(串焼きにしてある)だった。トリのキモに驚倒とはまた大袈裟な。いえ、誇張に非ず。内臓だから無論苦いのだが、その苦さがおっそろしく気品に富んだもので、山深いために春のおとずれも未だ知らない庵の松の戸に雪の玉水がしたたり落ちる、という風情であった(式子内親王は鶉の肝が好物だったのではないか)。神戸牛のシャトーブリアンがこようが黒鮪の大トロがこようが、少なくとも凜然たる気配においては敵うものではない。内臓ばかりの鶉ちうのはどこかにいないものか。「ひとつとりふたつとりては焼いて喰ふうづらなくなる深草の里」(蜀山人)。前田さんのジビエ料理を食べると冬到来、という実感が湧いてくる。次は年末に鳩を料ってもらうことにする。※ワインではハイリゲンスタインの二〇〇三年というリースリングが良かった。


 その前田さん。鶉の状態を説明するのに「このコ」「このコ」と言う。その口調ととろけんばかりの表情がじつに可笑しい。スティングやクイーンの歌を口ずさみながら「このコ」の羽を毟っていたと聞くと尚更可笑しい。なんでも「弾の当たり所が良かったので内臓が綺麗にのこった」とのこと。


 鶉にしたらどこに当たったとて当たり所が悪かったには違いない。


 それにしても、死してなお「熟成」が求められるとは、このペルドロー氏、余程因果な宿世を負っていたものと見える。当方などは四十年生きてみて、毛ほども成熟したおぼえがない。これが死んだら多少はマシになるのであろうか。一年ほど経って遺族うちそろって開「棺」式をば執り行う。

 「あら、お義父さんたらすっかり脂気が抜けちゃって」「おじいちゃんの内臓、とろっとろだね」「軒に逆さに吊っておいてもう少し放っといたらええのとちがうかしらん」「心臓の串焼きはジャンケンで勝った人のもん、ちうことらしいで」


 なんだかゾクゾクして参りましたので、読書メモはまた次回ということで・・・

 

 感懐一首。

いのちあるものは熟成せざりけり皿のジビエのくれなゐぞ濃き

 

 

【ランキングに参加しています。下記バナーをぽちっ。とクリックしていただけると嬉しう存じます!!】

f:id:pisces0307:20171116202042j:plain

 ↑↑↑

「このコ」です。

にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ<a href=

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

大勢の場合

 鍋の具材は一、二種類にかぎるとは書いたものの、やっぱりひとり酒の場合に限るようである。あ、ふたりでつつく時もこちらのほうが風情がある。「そして櫓のさしむかひ」・・・惚れた同士が炬燵の上いっぱいにすき焼きの具材を広げたのでは様にならない。と反対にそこそこ頭数があって鍋の中は一、二種類というのも具合がわるい。全員が土鍋の湯豆腐をじっとにらんでいる絵面を想像されたし。

 と考えて、『いたぎ家』ご一家(父上母上、アニー、アニーヨメー、タク)をお招きしての鍋の趣向はうどんすき、と決めていた。少なくするときはうんと削りつめるが、多くするならとことん多く、でメリハリをつけたい。よって具材の一覧以下の如し。

○三ツ葉(天然ものだそうな)
○芹(同じく)
○白菜(芯の黄色い種類)
○葱
○菊菜
○菠薐草(湯がいて水にさらす)

○絹さや 

○牛蒡(ささがき)
○海老芋

○百合根
○大黒しめじ
丹波しめじ
○柿の木茸
○平茸
○椎茸
○豆腐
○揚げ
○ひろうす
○生湯葉
○粟麩
○紅葉麩
丹波地鶏(ももとむね)
○蛤
○牡蠣(蛤に牡蠣を重ねるという所に「うんと」の面目躍如)
○車海老(活け)
○焼き穴子

○鱧(穴子に鱧も重ねてしまう)

 薬味はお決まりの七味、山椒に加えて針柚子とすだち。個人的にはこのすだちがないとうどんすきらしい気分が出ない。そう言えば、実家でする時は出し巻きも入っていたような。

 結局うどんは最後に投入、ということはこれはうどんすきではなくちゃんこなのだった(お客の顔ぶれが顔ぶれだけに)。

 肴としては、
○鯖きずし(対馬から送ってもらったもの。さすがに身の締まりかたが違う。魚を釣って送る会社はフラットアワーと言う。代表の銭本さんは日本の漁業資源保護のために精力的に活動なさっている。彼の考えにすこぶる共感したので、ふだん宣伝の類いをしないブログではあるが、あえてここに名をあげる)
○柿膾
○茗荷、生姜、胡瓜の即席しば漬け(各々繊に切り、塩もみしたあとで、梅酢と淡口、それに味醂を一たらしづつ)
○千枚漬け風(あ、昆布入れるの忘れてた!)

 当然酒は清酒が主となる。こちらは出たばっかしの「瑞祥黒松剣菱」と「萬歳楽 劒」を用意、アニーのおもたせは「大治郎よび酒(みず)」。いずれも燗向けの品(「劒」は金沢のおでん屋で鯨馬が必ず頼む)。剣菱の熟成酒らしい香り、大治郎の腰の強さ、萬歳楽の切れ、等の違いをがやがや論評しながら鍋をつつく。本当に充実した休日の夜となった。いたぎ家の皆様、ありがとうございました。

 さて今日は、茸の残りを鍋にして独酌。これはこれで悪くないのである。

 

【ランキングに参加しています。下記バナーをぽちっ。とクリックしていただけると嬉しう存じます!!】

 

<a href=にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

晩年の北斎

 あべのハルカス北斎展、噂どおりの大混雑。「チケット購入にたいへん時間がかかる」とHPで警告していたので、事前に購入して行ったけれど、会場に着いてみると「整理券をお配りしています」という状態。結局整理券に指定された入場時間まで一時間半、待たねばならない。この日、朝から動き回って疲れていたのでともかく腰を下ろしたい。

 というわけで、地下街の一杯呑み屋で呑んで待つ。昼に行った大和文華館「柳沢淇園―文雅の士・新奇の画家―」の中々よく出来ている図録を眺めながら冷や酒を呑む。こむずかしそうな本を広げて菊姫山廃純米をぐいぐいあおっている中年ひとり、という絵柄はドスがきいて見えたかもしれませんが、なに、このオッサンの口元を仔細に見てみれば、店内に大音量で流れていた『ヘビーローテーション』を口ずさんでいたのが見えたことでありましょう。

 さて北斎は、すこぶる佳し。夕方のデパ地下並みの混雑の中で見物した人嫌いの人間が言うのであるから、信用して頂きたい。もっともこちらがもっぱら期待していた晩年の肉筆画の一角はさほど混み合ってもいなかったけど。「河骨に鵜」図の、鵜の不逞な表情。「三伏の月の穢になくあら鵜かな」(飯田蛇笏)なんて俳句を想起してみたり。「流水に鴨」図の不可思議な奥行き、というのは画面構成をいうのではなく、「あ、前世でこういう空間にいた気がする」という感覚が呼び覚まされる。「李白観瀑」図の、おかしな形容だが、耳を聾するような圧倒的なしづけさ。「雪中虎」図の、ニルヴァーナ的悦楽等々。一体に、彼岸的な雰囲気が濃厚で(仏教色というわけではない)、そこに新鮮な衝撃を受けた。会期末まであと少し。鯨馬が行った時よりさらに人手は増えているだろう。それでも行く価値のある展覧会だと思います。待ってる時間は、あべチカの呑み屋で菊姫を呑んでいればいいわけだし。

 苦手な絵描きを見直す機会を与えてもらって、たいへん嬉しい。しかしそれはそれとして、杜鵑と狸和尚の画幅を見ると、なんだか蕪村と比較して考えたくなった。

 今、関西ではなぜだか文人画系統の展覧会がやたらに多い。前述の淇園展しかり。鉄斎美術館はまあ《常打ち》としても、逸翁美術館の蕪村展、頴川美術館の南画展(大雅や崋山など)、神戸市博物館では「風流天子」徽宗の絵が見られる(徽宗文人画ではなく院体画とすべきだが)。てわけで、鉄斎の後期展示と逸翁、神戸市博物館を観てから感想まとめます。

○コーネリス・ドヴァール『パースの哲学について本当のことを知りたい人のために』(大沢秀介訳、勁草書房)・・・「本当のこと」もなにも、パースさんには一面識も無いの。記号論が面白い。勉強する必要アリ。
マルクス・シドニウス・ファルクス『ローマ貴族9つの習慣』(ジェリー・トナー解説(という体の、トナーさんの本)、北綾子訳、太田出版
○髙谷好一『世界単位日本 列島の文明生態史』(京都大学学術出版会学術選書)
○田中さをり著者代表『哲学者に会いにゆこう 1・2』(ナカニシヤ出版)
富岡多恵子安藤礼二折口信夫の青春』(ぷねうま舎)
アラン・コルバン編『男らしさの歴史Ⅱ 男らしさの勝利―19世紀』(小倉孝誠訳、藤原書店)・・・抑圧されっぱなしの女もタイヘンだが、男もつらいよ。
矢吹申彦『おとこ料理読本』(平凡社
川村伸秀斎藤昌三 書痴の肖像』(晶文社
○遠山隆淑『妥協の政治学 イギリス議会政治の思想空間』(「選書「風のビブリオ」」、風行社)・・・使えるせりふが沢山ありますよ。たとえば「高貴な感情と合理的な思慮とつまらない虚栄心と卑しむべき愚かさの、共約できない状態での並存」。共約することを目指さず、ただその並存状態の維持をめざす。結論は、むしろ出してはいけないのである。また「政治とは地味な問題を処理する業務(buisiness)である」。退屈さと俗悪さに耐えるしかないのである。
○『老のくりごと 八十以後国文学談儀』・・・島津忠夫著作集別巻4。瑞々しい思考が躍如としている。学者のうつくしい晩年。
木俣元一・小池寿子『中世Ⅲ ロマネスクとゴシックの宇宙』(西洋美術の歴史、中央公論新社)・・・このシリーズ読み上げたと思ったけど、まだ残ってた。
○橋爪伸也『大大阪の時代を歩く 大正~戦前の大阪はこんなにすごかった!』(歴史新書、洋泉社
○大森貴秀, 原田隆史, 坂上貴之『ゲームの面白さとは何だろうか』(慶応義塾大学三田哲学会叢書)

 まだディケンズに取りかかれていない。

 

【ランキングに参加しています。下記バナーをぽちっ。とクリックしていただけると嬉しう存じます!!】

 

<a href=にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

うを・しる・もやしもん

 『海月』敬士郎さん夫妻のお誘いを受けて、鈴蘭台『ピエール』へ。途中「すずらん吉田」(酒店)に立ち寄る。ここにあったんですな。アヤシイ感じの立ち飲みコーナーが店の奥にある。こんど行ってみよう。


 『ピエール』さんのスープが旨かった。コンソメなのだが、具がふかひれと夏草(漢方で使う冬虫夏草ですな)で、そこに箱ごとどさっとテーブルに置かれた海胆をスプーンで入れて食べる、という仕立てなのである。なんとなくちまちま入れていると、シェフから「もっとどーんと入れていいのですよ」と託宣がくだる。こうなるともう、フレンチなんだか中華なんだかよう分からんのであるが、ま、敬史郎さんの料理だって中華?と疑うことも多いしな。かめへんかめへん。旨いもんを食って気分がいいから、鷹揚なものである。


 『海月』関連の話題をもうひとつ。敬史郎さん肝煎りによる企画「蜃景樓」。名前の通り、一夜限りの店で場所は元町にある「ヒトトバ」というハコを借りて行ったもの。敬史郎さんは洗い物などに回り、友人の料理人ふたりが腕をふるうという形だった。点心のひとつひとつがまことに美味く、他にも広東式脆皮鶏だの烏賊の紹興酒漬けだの、酒の肴にもってこいの料理もあって、ワインや清酒で堪能しました。次来たらもうこの店は見当たらない、というその風情もいいね。竜宮城か桃源郷で呑んでるみたいである。もっともなんだか次回の企画も立ってるみたいだが。


 シェアキッチン、というこのシステム、若手が挑んだり、中堅以上が実験したりするのにうってつけ。いっちょう儂もやってみるか。どんな店にするかって? 無論《干もの、汁もの、なしもののいっぱい飲み屋》に決まっている。注して言う、ナシモノとは塩辛など発酵系の酒肴のこと。まずは拙宅で「実験」してみます。ご関心のある向きはお問い合わせ下さい。


 家では小鍋の機会が増えた。ひとり者が献立を考えるのを無精してるには非ず。書いたように、汁ものは清酒のアテとして最高で、しかも出汁・具材・薬味の取り合わせで、種類は実際上無限というに均しい。


 となれば、具材は逆に豊富であってはならぬ。それはよくいえば「週末の家庭団欒料理」、はっきりいえば「不見転の貧乏料理」に過ぎなくなってしまう。池波正太郎の戒める如く、一種か二種にとどめておかねばならぬ。というより、その方が実際旨いと思う。


 従って、理想は湯豆腐となる。薬味は葱・おろし山葵・焼き海苔・胡麻・茗荷・擂り生姜・柚子胡椒・山椒佃煮・柚子・梅干・おぼろ昆布の小皿をずらっと並べる。味付けは生醤油の他、塩や胡麻油、練り味噌などで一口ごとに趣向を変える。豆腐は木綿。風雅のようだが、興にのったら二丁食べてしまうのであるから、あまり風雅でもありません。


 その他に気に入ってる仕立てとしては、

○豆腐と蛤・・・池波正太郎の本で覚えたのかな。我が家では剥き身ではなく殻ごと。出汁は昆布と酒。薬味は柚子か山椒。この時の豆腐は絹ごしが好き。
○豚と菠薐草・・・池波さんは「常夜鍋」として紹介してたはず。豚はロース。出汁は昆布。そこに大蒜と生姜を一かけずつ浮かせる。田辺聖子さんの本で、向田邦子発明と紹介して、絶賛していた。たしかにびっくりするくらい旨くなる。
○きのこ・・・きのこだけ。スーパーであるだけのきのこを買ってくる。出汁は鰹と昆布。吸い味薄めで調味。薬味は七味、山椒、柚子。
○鱈と白葱・・・鱈は霜降りして綺麗に掃除しておく。出汁は昆布。ポン酢醤油に紅葉下ろし、でしょうな、これはやっぱり。
○鳥モツと三ツ葉・・・鳥モツは茹でこぼししたあと、薄切りにして水にさらす。出汁は鰹・昆布。酒醤油で吸い味程度に味付け。薬味は山椒、時に胡椒なども面白い。鳥モツの代わりに焼き穴子でも。

 二種類以下、の中での龍虎と称すべきは鯛蕪、および鯨コロと水菜となりますが、両者とも下ごしらえに結構手間がかかるので、どうも「小鍋だて」という雰囲気にはそぐわない気がする。

 さて、最近読んだ本。
○クレイグ・クルナス『明代中国の庭園文化 みのりの場所/場所のみのり』(中野美代子中島健訳、青土社)・・・今回の秀逸。軸は二つあって、一つめは中国庭園論に歴史的視点を導入すること、次に美意識や哲学以外の、経済的視点を導入すること。「経済」とは、庭園で採れる果実・蔬菜等が莫大な収入をもたらした、ということである。ナルホド。今まで、唐山の詩人が何かと言えば「我が庭の畑を耕し水をそそぎ」とうたっているのがも一つぴんと来なかったのだが、あれはポーズ以前に実質的な意味があったんですね。たとえば、柳宗元。この代表的な山水詩人にしたって、「渓居」では

久為簪組束/幸此南夷謫
閒依農圃鄰/偶似山林客
曉耕翻露草/夜榜響溪石
來往不逢人/長歌楚天碧

と農作業にいそしんでいる。あちらの場合、詩人=知識人=官僚=地主であるわけだから、土地は確かに収益の最たる手段なんだな。『図像だらけの中国 明代のヴィジュアル・カルチャー』という新刊も面白そう。とほめた上で、クルナスがさんざん揶揄するところの、ステロタイプの中国庭園論、つまり元型たる桃源郷の地上的再現としての庭園、というイメージにはやっぱりうっとりしてしまう、と告白せざるを得ない。これをしもオリエンタリズムというべきか。
○『旅と日常と』(「フランス・ルネサンス文学集3」、宮下志朗他編訳、白水社)・・・東方トルコへの旅での見聞を綴った『異国風物誌』は晩酌しながら拾い読みするのに最適。でも『アンリ三世治下の日記』となるとそうはいかない。血みどろの話題が多いせいもあるけど、有為転変のおもしろさに、酒の方が疎かになってしまうから。このシリーズ、おすすめです。
石牟礼道子『完本春の城』(藤原書店)・・・石牟礼版「島原の乱戦記」。『椿の海の記』の愛読者としては、農民・漁民たちの幸福な生活があの本くらい書き込まれていたら、反乱に至る心情がもっと切実に迫ってくるのになあ、と思う。
○ウィリアム・マリガン『第一次世界大戦への道 破局は避けられなかったのか  1871〜1914』(赤木完爾・今野茂光訳、、慶應義塾大学出版会)・・・これも今回の秀逸。大戦直前までは誰もがこの平和はまだ続くだろうと思っていて、しかも開戦すると一斉に「やっぱり戦争になると思ってた」と言説が翻るのがおそろしい。心すべきことにこそ。
福田逸『父・福田恆存』(文藝春秋)・・・恆存にチェスタトンを教えたとは自分だ、という文章に一驚。また晩年の恆存の衰老の有様を冷静に描いていく一章もあり。それにしても福田恆存のようなカミソリ型の知性は、老耄すると余計に悲惨なものですな。
中村小山三『小山三ひとり語り』(小学館)・・・小山三丈の語り口は快く、へえという話も多いが、インタヴュアーはもう少し構成や質問に工夫したほうがよかった。
○デイヴィッド・ホワイトハウス『図書館は逃走中』(堀川志野舞訳、早川書房)・・・いじめられっ子。母の死。父からの虐待。友情と別離。障害を持つ女児。出奔。逃走。ヴァガボンドとの邂逅。家族ごっこ。北の古城。父との対決。炎上とハピーエンド。この道具立てについて論うことはしないが、せっかく移動図書館で逃走する男の子、という魅力的な主題なんだから、どういう本を読んでどう成長(ないし退歩)したか、もっとじっくり付き合わせてくれよ。途中挟み込まれる寓話仕立ての章も噴飯物の出来。
○フランシス・ギース『中世ヨーロッパの騎士』(椎野淳訳、講談社学術文庫
タイモン・スクリーチ『江戸の大普請 徳川都市計画の詩学』(森下正昭訳、講談社学術文庫
○マッシモ・モンタナーリ『イタリア料理のアイデンティティ』(正戸あゆみ訳、河出書房新社


 いつになったら岩波文庫新訳の『荒涼館』に取りかかれるのやら・・・。

 

 

【ランキングに参加しています。下記バナーをぽちっ。とクリックしていただけると嬉しう存じます!!】

 

<a href=にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

この世の外なら何処へでも

 旧師が講演をするというので、大学へ。先生の語り口は二十年前のままだった。主題は源氏物語「野分」巻の「あくがるる心」をめぐって。「あくがる」(現代語形だと「あこがれる」)、今は「理想的な対象に心惹かれる」という形而下的な使い方が主流となってしまったが、本来はこの語、「魂が自分の身から離れてさまよう」という意味だった。「野分」巻における「あくがる」の用法を精細に観賞していくという流れの講演で、冒頭にドイツロマン派を持ってくるところもF先生らしい。浪漫的な気質、殊に「あくがる」という側面に鋭くひびいていくご自分を、凝っと見つめているという趣であった。
 旧師に引き比べるのはおほけなきことながら、離魂の癖(へき)、鯨馬にも少なしとせず。先生の口調はユーモアを交えたものだったが、所々胸を抉られるような思いがした。
 講演後はせっかく六甲に来たのであるから、『彦六鮓』で呑む。学校へ行く前に、近くの「フクギドウ」で開催中のやちむん展に寄り、登川均さん作の酒器と、鉢を買っていた。『彦六』で無理を言って、その酒器で燗酒を出してもらう。ぐい呑みに注ぐ時の音が魂に滴るようでありました。
 二軒目は先生方と合流して三宮。文学の話をこれだけ語ったのは久々という気がする。

石牟礼道子『花びら供養』(平凡社)・・・渡辺京二編。
河出書房新社編集部編『池澤夏樹、文学全集を編む』(河出書房新社)・・・講演の前日に手に取った本。偶々だが、『源氏』訳を続けている角田光代さんが、先生(解題を書いている)について触れていた文章に出会って何となく嬉しかった。
○内田洋子『十二章のイタリア』(東京創元社)・・・エーコ追悼と本での村おこしを描いた最後の二章が面白い。ヴェネツィアで出版業が盛んだったのは知識として持っていたが(代表的な出版人であるアルド・マヌツィオの伝記を読んだおぼえがある)、リアルト橋のたもとから聖マルコまで書籍の店が続いていたとは知らなんだ。それにしても、ヴェネツィアのことを書いているだけで、「あくがるゝ」心地になるのはなぜでしょうね。
○スティーブン・バックマン『考える花  進化・園芸・生殖戦略』『感じる花 薬効・芸術・ダーウィンの庭』(片岡夏美訳、築地書館)・・・味が薄い。思えばエーコ教授のような超弩級のエンサイクロペディスト(かつ魅惑的な語り手)はほんとに見当たらなくなった。
○マリオ・インフェリーゼ『禁書 グーテンベルクから百科全書まで』(湯上良訳、法政大学出版局
○クラウディア・ブリンカー・フォン・デア・ハイデ『写本の文化誌 ヨーロッパ中世の文学とメディア』(一條麻美子白水社)・・・中世のインクって茨から作ってたんですな。
○マックス・リュティ『ヨーロッパの昔話 その形と本質』(小澤俊夫訳、岩波文庫
池上永一『黙示録』(KADOKAWA)・・・『テンペスト』があまりに面白かったもんだから、「それを越える傑作」とか言われるとかえって不安で避けていた。でも読んでみるとやっぱり凄い。与那城王子という、『テンペスト』の聞得大君みたいな怪物的キャラクターが登場して、「俟ってました!」という感じ。主筋にはあまり絡んでこないのだが、小説家が出したくて仕方ない、という感じがよく伝わってくる。
○藤田正勝『日本文化を読む 五つのキーワード』(岩波新書)・・・西行の「心」・親鸞の「悪」・兼好と鴨長明の「無常」・世阿弥の「花」・芭蕉の「風雅」だそうである。へへえ、恐れ入りました、という感じである。
○浅野秀剛『浮世絵細見』(講談社選書メチエ
○松本郁代『天皇の即位儀礼と神仏』(吉川弘文館
○ブアレム・サンサル『2084世界の終わり』(中村佳子訳、河出書房新社)・・・「2084」は「1984」から一〇〇年後。お分かりのようにオーウェルの『1984年』を先蹤と仰ぐディストピア小説である。破滅的な世界戦争のあと、「徹底的かつ決定的な勝利」(どっかの独裁国家のニューステロップみたいやな」)を収めたある宗教が治めるアビスタンという単一国家が世界を覆い尽くしている(とアビスタンは主張している)。崇拝されるのはヨラー(!)なる神とその「代理人」たるアビ。巧妙かつ容赦ない宗教=政治の監視システムの中で人々の思考は完全に停止。辺境のサナトリウムから帰還したある青年が、世界の真実と自由とを求めて聖なる都へと侵入する―――とまあ、鯨馬はこのオビの紹介に惹かれて読んだのですが、どうもいけない。ディストピア小説は大概退屈なものだけど、この新作も喜ばしき例外とはなれなかった按配である。世界のシステムを説明しよう説明しようとするあまりに、小説としての動きが無くなってしまうのがこのジャンルの欠点で、『2084』もなんだかWikipediaで新作RPGの梗概を読んでるような味気なさが残った。第二に、これははじめの疵とも結びつくのだが、主人公が行動しない。一つだけやってのけるのだが、その後はまるで某朝の連続テレビ紙芝居、じゃなかった、連続テレビ小説のナレーションを聞いてるがごとき進行で、とはつまり、結局は紙芝居なのである。そして第三にこれだけ枚数を使って世界の解説をしてる割には、それが生々しく迫ってこない。むしろ、徹底した寓話、ないしは神話的な方向性を狙うべきではなかったか(ブッツァーティや『シルトの岸辺』のジュリアン・グラック)。作者はアルジェリア政府の厳しい監視下にあって創作活動を続けているそう。その勇気には敬服の他ないけれど、『服従』を嗣ぐ作品とは到底申しかねます(ウエルベックがオビでそう推薦しているのだが)。しかし、今や《世界》を描くには宗教はやっぱり不可欠の主題なんだなあ、とそれだけが妙にリアルに実感できた。いっちょオレが書くか。

 

2084 世界の終わり

2084 世界の終わり

 

 

 

【ランキングに参加しています。下記バナーをぽちっ。とクリックしていただけると嬉しう存じます!!】

 

<a href=にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

にほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 食べ歩き飲み歩きへ

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ